12のブランドアーキタイプ。続き

gingersauce.co

12のブランドアーキタイプ。

ブランドアーキタイプは、基本的に対象者やブランドコンセプトの微妙な違いを全て考慮して作られたブランドのキャラクターです。このフォーミュラはシンプルです。対象者がブランドに共感できれば、ブランドは愛されます。

ブランドアーキタイプは、あなたが注意を向ける人物です。

ブランドアーキタイプを見つけた後、どうしますか?
ブランドアーキタイプを使うことができます。これで人々の見方やブランドへの理解が分かったはずです。あなたは特定の状況でのブランドのサウンド、ルックス、行動を知ることができるでしょう。また、ブランドのバリューや世界観を理解することもできます。

そこで、この理解した内容を用いて、ブランドパーソナリティを構築しましょう。さらにブランドパーソナリティを全てのコミュニケーション媒介で使用してください:ソーシャルメディアの投稿からビデオ広告まで;ウェブサイトのコンテンツからブランドのオピニオン・リーダーの選択まで。

アーキタイプに注意を向け、話しけている場合、感情レベルで対象者に語りかけることができます。

Gingersauceを使って、アーキタイプを守りましょう。もうすぐクライアントのために適切なアーキタイプを自動的に選択するのに役立つ機能が追加されます– 便利だと思いませんか?(次に追加される機能を発表してしまいました)

P.S. 他の6つのアーキタイプは次の投稿で紹介します。

P.P.S.ブランドアーキタイプの詳細はブログ記事で!