Micromanage デザインプロジェクト

顧客がデザインプロジェクトを細目にわたって管理する7つの理由。非常に細かい管理を避ける方法とは?

デザイナーとして、次のような顧客と出会ったことがあるはずです:非常に細かいところまでコントロールする必要がある厄介な顧客。かなりイライラしますが、あなたがどのような仕事をしたとしても、これらの顧客は常に小さな変更を要求します。これは、直すことが出来ない性格的特性なのでしょうか?いいえ、とりあえず安心してください。

顧客がデザインプロジェクトを細目にわたって管理する理由とその対処方法

細かに管理してくる顧客は、いくつかの理由のためにコントロールすることを強く望んでいます。いいえ、ただ闇雲にそのような行動を取っているわけではないのです。その理由について個々に考えてみると、顧客とのコミュニケーションを向上させることが鍵のようです。

問題 #1: まだあなたを十分に信頼していない。

気に入りました! でもいくつかコメントがあります。」

つい最近働き始めたのなら、顧客があなたについて疑念を持っていてもおかしくはありません。はい、信頼を得るには少しばかり時間が必要です。しかし、最初から良い立場になるために出来る行動があります。その行動とは次の通りです。

さらに質問する。

主要な概念とは異なり、質問をすることで心から興味を示している様子を見せることが出来ます。取り組んでいるブランドについてさらに学び、詳細を知り、あなたのデザインにその情報を取り組んでください。

面白いブリーフを用意する。

ブリーフは、顧客に第一印象を与えることが出来る1つのチャンスです。ブリーフの内容がブランドに適切かを確かめ、適切な質問をしてください..そして、退屈な内容にならないように気をつけましょう。はい、その通りです。このチャンスを使い、顧客を感動させましょう。

Gingersauceでは、ブリーフを効率的にする方法をまとめた素晴らしいヒント集をPDFで用意しました。Instagramをフォローし、テキストに「8 secrets」と書いたダイレクトメッセージを私たちに送信してください。その後、私たちがあなたにドキュメントを送ります。✌🏽

よく話を聞く。

よく話を聞いて、顧客のアイデア&あなたがしなければならないタスクを理解します。あなたのノートとソリューションで急がないでください。まず耳を傾けます。

自身でリサーチする。

ブリーフだけに基いてデザインし始めないでください。市場調査し、ブランドの競合他社の行動やカラー、ビジネスへの精神的な利点などを確認します。有益なモノを作るというあなたの決定と熱意を顧客に見せてください。

意見を伝えるのに躊躇わない。

あなたが確信できない編集をするように顧客に言われた場合は、丁寧な態度で自身の意見を伝えましょう。プロの視点からこの編集が上手くいかない理由を説明してください。説明後も顧客がその編集を要求する場合は、出来ることは何もありません。しかし、あなたは自分の専門知識に自信があることを示すことが出来ました。

プロフェッショナルにサンプルを提示する。

Eメールでデザインを添付&送信し、フィードバックを気長に待つのを忘れてください。2021年にこのようなことはしません。ロゴをマスターアップしたなら、ブランドブックでロゴを提示するようにしましょう。サンプル毎にブランドブックを作ります:これにより、ビジュアルではなく完成されたブランドを提示することになります。これは a)顧客がオプションを選ぶの簡単にし、決定する時間を最小限に止めること;b)あなたをプロフェッショナルに見せ、プロジェクトに集中していることを示すのに役立ちます。

特に今、Gingersauceを使えば、プレゼンテーションがあっという間に完了します。ロゴサンプルをアップロードするだけで、システムが全てのロゴのバリエーションと誤用例を生成します。1クリック、2クリックでブランドブックが完成です。是非ともお試しください!!

問題 #2: 顧客があなたの仕事を理解していない。

簡単なロゴをデザインするのにどれくらいの時間がかかるでしょうか?

あなたの仕事が非常に明確であることを理解する必要があります。通常、人々はビジュアルの素材、(彼らが考える)シンプルなロゴの作成に長い時間がかかる理由、そして比率を決定するのに時間をかける必要性などについて理解していません。

時間をかけ、全てを説明するのがあなたの仕事です。専門用語ではなく簡単な語彙を使い、あなたの仕事が有益であることを示します。

正しい比率を使うのに時間をかけます。これにより、ロゴはさらに記憶に残り、見やすくなります。

あなたの仕事と関連付けられるため、この形を使います。

問題 #3: 初めに境界線を設定していない。

「予算オーバーです。」

最初から指導するポジションに自分を置いていない場合、顧客にコントロールを任せることになります。あなたはプロのデザイナーです。あなたがブランドに価値をもたらします。編集の余地を与えすぎたり、報酬をもらわなかったり、あるいは顧客にプロの意見を伝えなかったりすることで、イメージは簡単に台無しになってしまいます。顧客のフィードバックに反応する場合、自信を持ってください。「〜と思う」、「多分」、「少しだけ」などの言葉を使うのを避けましょう。

最初から良い境界線を築くには:

  • 細かいプロジェクト範囲;
  • 全ての修正は可能です;追加には費用がかかります。
  • コミュニケーション頻度;
  • 敬意や締め切りなどの個人的な境界線。

問題 #4: 十分な透明性がない。

「最初のオプションに戻れますか?」

プロセスに関して顧客とどのくらい頻繁にコミュニケーションを取りますか?私たちの経験から、デザイナーは通常タスクを受け取り、完了するまで連絡を取りません。これの何が間違っているのかと疑問に思っていますか?それにはいくつかの理由があります。

  • 顧客は途方に暮れます。顧客はあなたが何をしているのか、どれくらい進んでいるのかについて分かりません。
  • 顧客があなたの多忙さを把握できないため、さらに仕事を割り当てることができるか分かりません(フリーランスデザイナーの場合、利益損失の可能性も)。
  • 顧客がコントロールを取り、何度もデザイナーに問い合わせをします。加えて、大幅な変更を要求します。
  • このアプローチは、細目にわたって管理する行動を促進させているかもしれません;顧客に最初のサンプルを見せず、正しい方向に進んでいるかを尋ねない場合。それから、最終決定で時間を無駄にし、全てを削って取り除かなければならない結果になる場合があります。

問題 #5: 良い指導者になっていない

「そのまま作ってください。」

ただのデザイナーでなく、アドバイザーになってください。顧客があなたに問い合わせをしてきたら、特に、顧客がデザインについて無知である場合、彼らはあなたに指導してもらいたいと思っているはずです。顧客の手を取り、デザインプロセスの全ステップについて説明しましょう。顧客が期待していたものを手に入れられない場合は、口調を変え、あなたが取り組んでいるデザインプロジェクトを細目にわたって管理し始めるかもしれません。

問題 #6: 顧客が欲しいモノは必ずしも必要なモノではない。

「ロゴで十分です。」

最近は情報で溢れているため、人々が困惑するのも不思議ではありません。エクスパートとして、顧客の考えを正し、さらなる価値を提供するのがあなたの仕事です。

例えば、最近多くの人々がロゴとブランドを混同しています。この状況でのデザイナーの仕事は、ブランドにさらなる価値を提供することです。つまり、ブランドアイデンティティを提供し、他のビジネスがブランドアイデンティティを使用している例を提示します。それができない場合、何が最適か分からない顧客は、あなたのデザインブロジェクトを細かに管理し始めるかもしれません。

問題 #7: 締切日に間に合わない。

「できるだけ早く提出してください。」

できるだけ早く提出することは、当然です。あなたが常に締切日を過ぎて仕事を提出している場合、顧客は全てのステップにおいて管理しようとします。締切日に遅れることは、顧客の信頼を失います。まずは、これが起きないために、正しく自己評価する必要があります – そのタスクを終わらせるのにどのくらいの時間がかかりますか?緊急時のために、余分な時間を数時間追加してください。それから、顧客に作業にかかる時間を伝えます。

ヒント☝🏻: 仕事にどれくらいの時間がかかるかを見積もることは大事な習慣です。それから、その時間をおよそ2.5倍します。その数が仕事を終わらせるのに適切な時間になるでしょう。これは、価格を計算する際に重要なステップです。

気難しい顧客を相手にしていますか?Gingersauceがお手伝い!

プロフェッショナルらしくないことが、顧客があなたのプロジェクトを細目にわたって管理する主な理由です。そこで、プレゼンテーションが鍵となります。作成した全サンプル毎にブランドブックを作成し、単純なロゴオプションの代わりに、完成したブランドを顧客にオファーしてください。全てが数分のうちに完了します!

Gingersauceは、自動化と創造性を組み合わせたブランドブックメーカーであり、プロフェッショナルなツールです。つまり、中途半端な仕事はせず、あなたに確実な結果をお渡しします。

すぐに生成されたブランドブックをダウンロードすることが可能です – たった数分で完了します!

ブランドガイドラインを作成

この投稿を共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on skype
Share on telegram
Share on email

ブランディングについて学び、ニュースを最初に受け取る

ニュースレターでは、プロジェクトのアップデート、ブランディングニュース、ヒントなど(割引情報あり🤫)を送信します!

プロフェッショナルブランドブックを作成する

プロフェッショナルブランドブックを自動作成するのに必要なものは、ロゴだけ。あとは、ウィザードにお任せください!

ページを離れる前に、ビジネスをブランドに変換しませんか?

ブランドアイデンティティ作成+知識を深めるビジュアル案の全プロセスに関する詳しいステップ・バイ・ステップガイド付きブランディングワークブックを取得しよう。

Upload Your Brand Book

We will choose the best ones every week and post them on to our brand book gallery