製品よりもブランドづくりが大切な理由

gingersauce.co

製品よりもブランドづくりが大切な理由

企業にとって一般的な罠が、製品の優位性についてのみに目を向けていることです。これは、製品の優位性のみが購買決定と競争優位性において意味があると考える誤った想定を基いています。製品は最も重要なアセットですが、それだけではありません。

製品とブランド特性を比較した場合、以下の内容を理解するでしょう 👇

製品は、範囲(Googleは世界の情報を整理し、万人が情報にアクセスできるようにしている)、機能的な優位性(Volvoは安全である)、品質/価値(Zaraは高品質でファッショナブルな洋服を低価格で提供している)、使用要因(Jeepは最高のオフロード車を設計している)が含まれます。

ブランドはいくつかの追加のポイントを含みます:
生産国 (Audiはドイツ産である)。
組織との関連(Microsoftは革新的企業である)。
ブランドの「パーソナリティ」 (Bath and Body worksはエネルギーと生活を表現するトレードマークである)。
シンボル (McDonald’s は金色のアーチのシンボルがある)。
ブランドと消費者の関係 (Pepsiは友達である)。
感情的な恩恵(Nikeはエネルギッシュで健康的な気持ちを与える)。
自己表現の恩恵 (Appleは創造性を高める)。

企業が製品にのみ注意を払った場合:
1) 差別化での問題に直面する。
2) 簡単に真似される可能性がある。
3) 合理的な購買者にのみ伝わる。
4) ブランドの拡大戦略を制限する。
5) 戦略の柔軟性が低くなる。

強い企業づくりの鍵は、製品とブランドづくりの両方に気を配ることです。製品が良い品質&スケールであれば、すぐにブランディング戦略に取り掛かりましょう。私たちのメッセージの意味を正しく理解していれば、このステップはブランドを「Good」から「Great」に変えるのに役立ちます 🙌😉