素晴らしいデザイナーになれるソフトスキル

gingersauce.co

どのような素質が「素晴らしい」デザイナーにするのか?そのスキルとは?これから紹介します😉

「よく観察される」こと。
至ってシンプル:定期的に他のビジュアルアート(デザイン、絵画、建造物、写真)を観察&分析する必要があります。「よく観察される」こととは、各人物の中身を見ること。全てのビジュアル構成を処理し、仰角を調整します。美しいものを多く見れば見るほど、あなたの「テイスト」が磨かれます。

創造力。
創造力とは、既成概念にとらわれずに物事を考える力です。この助けにより、私たちはトレードマークとロゴをデザインし、広告キャンペーンにスローガンを作成し、製品名を思いつきます。つまり、ビジネスを「定義する」製品の追加の価値を作成するのに携わっているということです。

柔軟性。
「柔軟性がある」とは、新しい状況に適応できるということです。そして、何よりも重要なのが変化に恐れないという点。少なからず準備万端で「デザインに精通」した状態を維持するために、ポッドキャストを聞いたり、デザイン業界のニュースを読んだりして、様々なデザイン業界の最新トレンドに関する情報に目を向けることをお勧めします。

忍耐力。
「ポップにして」、「もっとフレアを追加できる?」、「派手にして」…これらの言葉を何度か聞いたことがあるでしょう。この種のフィードバックは、デザインをする際に特に役立ちません。デザイナーとして、深呼吸し、受け入れ、顧客が望むものを表現するのに役立つ何かに変えてください – たとえ顧客が正確に望むものを知らない場合でも。

エモーショナル・インテリジェンス。
これは、自分自身と他人の感情を尊敬し、感情を管理する方法を知っているときのことです。エモーショナル・インテリジェンスが高いほど、ストレスとバーンアウトのリスクが低くなり、「ソーシャル・アジリティ」が高くなります。

よく耳を傾ける。
フィードバックの受け取りに繋がるトピックで、よく耳を傾けることが含まれます。はい、デザイナーの頭には常にアイデアでいっぱいです。特に顧客が望むデザインを説明しているときはそうでしょう。しかし、すぐに口を挟まないでください。まず顧客が話さなければならない内容に耳を傾けてください。

柔軟性を持ち、ソフトスキルを高めることが重要です– これによりバーンアウトするのを防ぎ、問題なく顧客と良い関係を築くのに役立ちます。その後、Gingersauceを使用してさらなるレベルアップを図りましょう。