brand book color pallete

有名ブランドのブランドブック 最高の例

2020年、ブランドブックの最高のレイアウトとコンテンツを届けるために、企業とデザイナーはあらゆるアプローチを取っています。私たちは、プロフェッショナルブランドガイドラインについて考えたときの参照例についてコミュニティーに尋ねました。これにより、大手企業と中小企業のブランドブックから構成される最高の例の一覧を作成しました。それでは、プロのデザイナーによって作成された最高の例をチェックし、それらの例の素晴らしい点を分析しましょう。

ブランドによる最高のブランドブック例

私たちは、有名ブランドからの最高のブランドガイドラインを分析しました。判断基準は、デザイン、品質、ライティングスタイル、組み立て、ブランドブックエレメントと構成によるものです。

最高のブランドブックには、全ての必要な情報が含まれており、デザイナー以外の方に向けても明確なアイデンティティを確立しています。

Slack 

slack brand book logo

Slackは、デザイン主導のアプローチにおける主な例です。Slackのガイドラインには、ミッション、ビジョン、ボイストーン、企業カラー、ロゴ使用例に関する詳細な情報を含む全ての必要なエレメントがあります。

(私たちを含む)デザイナーがSlackが最高のブランドブックを持っていると考える主な理由は以下の通りです:

  • 一貫性のあるデザイン:ブランドブックの構成とスタイルは、ビジネスの性格をよく反映しています;
  • 読みやすい:ガイドラインは不必要な詳細で埋れていません。デザイナー以外の方でも簡単に理解できます;
  • 多くのスペース:ブランドブックのページは、明確に構成されており、ビジュアル上で強調部分があります;
  • 魅力的なライティングスタイル:Slackのブランドブックは、ガイドラインがつまらなくなる必要はないことを証明しています。
slack brand guidelines logo

私たちにとって、Slackのブランディングおよびガイドラインへのアプローチは、最も必要不可欠な参照例の1つです。Slackのブランドブックは、スパイシーの定義です – Gingersauceでは、このアプローチをよく重要視しています。

Skypeガイドライン

skype

Skypeは決して現代的なガイドラインではありませんが、それでも魅力的なガイドラインを完成するためにトーンを設定しています。Skypeのガイドラインは何年も前に作られましたが、ガイドラインのスタイルとメッセージは非常に適切だと言えます。

デザイナーがSkypeを最高のブランドブック例と見なす理由は以下の通りです:

  • 楽しい方法でインターフェイスの詳細が記されている:ソフトウェアにとって、基本機能の表示方法を規格化することは重要です。メッセージボックスの受け入れられる形やメッセージインターフェイスを伝える方法が、見本となります。
  • 楽しいイラスト。Skypeは、ビジュアルをサポートする素晴らしい例です。
  • 読みやすい。Slackのブランドブックのように、Skypeのガイドラインにも多くのスペースがあります。ページ上でエレメントがはっきりと目立ちます。
Skype colors

Skypeは典型的なロゴとフォント以上を示すブランドブックの例です。全ての企業や製品がそのような細かいアプローチを必要するわけではありません。しかし、これを必要とする企業や製品に対しては、これはデザインの仕組みを理解するのに素晴らしい方法だと言えます。

赤十字ガイドライン

ビジネス志向のガイドラインと赤十字のガイドラインを並べるのは、まず思いもよらないかもしれません。しかし、赤十字がアイデンティティを表すために取ったアプローチは、本当に際立っています。

red cross brand identity

私たちのコミュニティは、最高のブランドブック例でさえ、不必要に長くなる傾向にあることを指摘しました – 私たちもコミュニティーの意見に同意します。Gingersauceでは、20-30ページのガイドラインを推奨しています – これにより、詳細で簡潔なアプローチを組み合わせることができます。しかし、赤十字はそのアプローチを超えました。全てのエレメントを1ページに詰め込んだのです。

1ページでまとめた赤十字のガイドラインの利点は以下の通りです:

  • 軽量:このようなファイルは、あらゆるメッセンジャーやEメールを介して簡単に送ることができ、スピーディーにダウンドードできます;
  • 不必要な詳細がない:赤十字のガイドラインは、不必要な詳細と情報で読者を飽きさせることはありません;
  • 創造性の余地がある:一部のガイドラインにはアイデンティティの仕様に関する柔軟性に欠けています。赤十字は、創造性とインスピレーションの余地を残しています。
red cross brand guidelines

赤十字は、ビジネスではないことを覚えておく必要があります。非営利組織間におけるアイデンティティの統制のルールは、若干異なります。私たちは多くの非営利組織がブランドブックを作っていないことに気付きました – そのため、赤十字が素晴らしい例を作り上げたことを嬉しく思っています。赤十字のガイドラインは、デザイン使用例の説明方法に関するサンプルとして参照できるでしょう。

Instagram 最高のブランドブック例

Instagramなどのビジュアル志向のブランドにとって、明確なアイデンティティを持つことは全てです。デザイン、写真、アートに関するビジネスの場合、Instagramは素晴らしい参照例となります。Instagramのブランドブックは、ウェブサイトで公開されており、個別のページで管理されています。

instagram icons

このアプローチは、さらに人気を集めています。しかし、まだ大手ブランドになっていない場合は、PDFファイルを持つこともお勧めします。ブランディング専用の独立したウェブサイトのホスティングとメインテナンスは、ほとんどの中小企業にとって合理的ではありません。また、持ち運び可能なファイルはオフラインでもプレビューできます。そのため、デザイナーとして私たちは、持ち運び可能なファイルの方が一般的だと思っています。

Instagramブランドブックの主な利点は以下の通りです:

  • 詳細:Instagramブランドブックは、プライマリおよびセカンダリロゴ/アイコンの使用について説明しています;
  • ダウンロード可能:Instagramのガイドラインページから直接全てのアセットをダウンロードできます;
  • 共有可能:リンクを介したアセットへのアクセスには、ファイルのダウンロードを必要としません。全てのアップデートがすぐに確認できます。
Instagram guidelines

ブランドアセットのウェブベースのストレージは、企業が常に最新で関連のあるアイデンティティを維持するのを可能にします。このため、Gingersauceではオンラインとオフラインでブランドブックを共有できるようにしています。チームやパートナーに変更をリアルタイムで確認してもらいたいのであれば、ブランディングアセットをオンラインで共有することができます。読めて持ち運びできるバージョンをご希望の場合は、PDFファイルをダウンロードすることができます。

結論

良いブランドブックには、柔軟性、読みやすさ、良い文章構成、組み立てがあります。ライティングとデザインの要素の両方が、ブランドの声のトーン、ミッション、ビジョン、およびビジュアルスタイルを表します。

しかし、これらの目的のために、プロのデザインチームを雇う必要はありません。Gingersauceを使って、無料で素晴らしいガイドラインを作成しましょう。テンプレートは、プロのブランディングデザイナーによってデザインされました。始めるのに必要なのは、ロゴだけです。

Starbucksブランディング

Starbucks brand guildelines

ウェブベースのブランドブックの別の素晴らしい例が、Starbucksです。Instagramのように、有名なStarbucksは、アイデンティティを幅広く認識し、見習っています。同社にとって、アセットを一般公開し、混乱や誤用を防ぐために、アセットを最新の状態に保つことは重要です。

しかし、私たちは、Starbucksがウェブブランドブックのデザインをさらに素晴らしいものにしました。同社は、ロゴ、フォント、アセット、イラストを集めたページでスタンドアロンサイトを運営しています。それに加え、このサイトは非常にインタラクティブです。

  • ユーザーは、Starbucksのカスタムフォント内に文字を入力し、プレビューすることが可能。
  • スタイリッシュなデザイン:ブランドブックは、ガイドラインの全てのルールに従っており、アイデンティティについての直接の描写としての役割を果たす;
  • ブランドブックは方法と論理を詳しく説明:論理的なルールと実用的なアプリケーションを記載したケーススタディに関する別々のページが用意されている。
Startbucks brand font

Starbucksは、ブランドアイデンティティの全体像を表現した複雑なウェブサイトを構築しました。このアプローチの唯一の欠点は、広範囲過ぎる点です。ブランドアイデンティティの使用に関するメインルールを理解し、メインアセットを閲覧するのに10-20分かかるはずです。

Gubermanブランドガイドライン

Brand book maker

By Gingersauce

これは、ミニマムでありながら、正確で科学的と言っても良い観点から、ブランドに焦点を置いた詳細なブランドブックです。このブランドブックは、プライマリ/セカンダリロゴ、プライマリ/追加アイコンの使用ルールを説明しています。使用ルールは、フォント、ウェイト、デコレーションといった、非常に重要な実用的な側面にまで及びます。

このブランドブックを気に入っているポイントとは?

  • 読みやすい:ページは不要な詳細で埋れていない:チャプター名は左側にあり、コンテンツは右側にある;
  • 本のように読める: ブランドブックの従来の外観とタッチこそが、多くのデザイナーが見逃しているポイント。企業やSMBと話した経験から、フリップブックやPDFの需要がまだあることが判明している。
  • 多くのコンテンツを提供:デザイナーは、ブランドアイデンティティのテキストと数学的な側面に注意を払った。プロモーションやコミュニケーション中に、これは大きな違いを生むはず。

最後に

上記に紹介したようなブランドブックの作成には何時間もかかるだろうと思っているかもしれません。確かに、何時間もかかる可能性があります – ブランドアイデンティティの作成は、デザイナー、そして代理店さえにとっても大仕事です。構成の決定、アセットの配置、各要素の説明、アセットの組み立て – ブランドブックの作成には多くの手作業があります。

しかし、もうそのようなステップは必要ありません。ブランドブック作成は、私たちによって既に自動化されています。私たちは、デザイナーのためにパレット、フォント、使用例、比率を生成する自動ブランドブックメーカー、Gingersauceを作りました。実は、リスト内で最後に紹介したGubermanのブランドブックは、自動ブランドブックメーカーによって作成されたものです。作成には数日も要しませんでした。たったの数分で作られた完成品です。これこそ、スマートオートメーションの力です。Gingersauceをお試しいただき、無料で最初のブランドブックを作成しましょう。

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on skype
Share on telegram
Share on email

Learn Branding and Be The First to Know the News

In our newsletters, we send out project updates, branding news and tips, and more (also discounts 🤫)!

Create A Professional Brand Book

All you need to automatically create a professional brand book is a logo. Leave the rest to our wizard!

Before you leave, wanna transform your business into a brand?

Get our Branding Workbook with a detailed step-by-step guide on the full process of brand identity creation + a plethora of visual schemes for a better understanding.

Upload Your Brand Book

We will choose the best ones every week and post them on to our brand book gallery