今すぐ使うべきカラーパレットジェネレーターとツール 7選

多数のカラーパレットジェネレーターが存在します; 適切なジェネレーターを選ぶことが重要です。私たちは、20個の良いカラーコードジェネレーターを調べ、最も使いやすいジェネレーターを選びました。それでは、お楽しみください!

ブランドカラーを選ぶ重要性とは?

色彩心理学は、ジョークではありません。ブランド用に選んだパレットが、ブランドの成功を決めるのです:カラーパレットは、ブランドと人々の関連性、ブランドがもたらす評判、そしてブランドが放つ「雰囲気」に影響します。

ブランドカラーの選択は科学であり、従うべき公式と覚えておくべきポイントがあります。だからと言って、怖がらないでください。一度選んでしまえば、ブランドカラーはあなたのベストフレンドになります。ブランドカラーは、メッセージや必要な情報の発信に役立ちます。ブランドカラーがあなたの敵でなく、味方になるようにしましょう。

カラーパレットジェネレーターが役に立ちます!見る人の目を喜ばす適切なコンビネーションを選んだり、あなたのクリエイティブなプロセスにおいて深く考えさせます。それでは、私たちが最も使えると感じたカラーコードジェネレーターを紹介しますね。

カラーパレットの探し方とは?

1. Coolors – スピーディーなカラーパレットとフィルタリングオプション。

Coolors カラーパレットジェネレーター

パレットをエクスポートし、コラージュとしてビューしたり、アップロードした写真からパレットを生成する可能性がある無数のカラーパレットをお探しの場合、Coolorsは素晴らしいオプションです。

色覚異常者であれば、症状のタイプを選択すると、症状に応じて、Coolorsがパレットを調整します。

カラーパレット パステル

Coolorsでは、幅広い調整も提供しています。0.000001 %ハーフトーンアップまたはダウンまで色を修正できます(Gingersauceの冗談めいた評価より)。

カラーパレット 生成

あらゆるデザインの色を選ぶ際の素晴らしいリソースです – キャラクターデザインカラーパレット、ウェブサイトカラーパレット、またはイラストレーションパレットになります。

2. ColorSpace – 様々なパレットとグラデーションの種類

Colorspace カラーパレット

ColorSpaceはベータ版でありながら、様々なカラーパレットの種類を生成するのに優れたツールのようです。カラーコードを入力するか、カラーコードが不明な場合は手動でボックスから色を選ぶだけです。その後、ページをスクロールすれば、10種類以上のパレットが生成されます。

全てのカラーは、カラーコードがあるため簡単にコピーできます。

マッチングしたカラーパレット

このカラーパレットジェネレーターには、カラーグラデーションを作成するオプションもあります。グラデーションの方向を選択し、2つ(または3つ)の色を選び、「Generate」をクリックします。これで、CSSコードをコピーして、グラデーションを表示したい場所にペーストできます。

CSS カラーグラデーション

3. Colormind – ウェブサイトパレットの生成と見本を表示。

Colormind カラーパレット

Colormindの特徴は、シンプルなインターフェイスとテンプレートへの焦点です。「Website Colors」ページにアクセスすれば、ウェブサイト用のカラーパレットを作成できます。お好みのパレットを生成し、スクロールダウンします。Colormindカラーパレットジェネレーターは、パレットからの各色を取り上げ、どこに使用するのが最適かを知らせます。

とっても便利ですね!

ブランドカラー生成

メニューの「Templates」にアクセスし、異なる場面とページで色がどのように見えるかをチェックします:グラフ、通知、テーブル、マップなど。

ブランドカラーテンプレート

4. Colorkuler – Instagram用のカラーパレットの選択と調整。

instagram カラーパレット

Instagramは、単なるソーシャルメディアと言うより、マーケティングとブランディングのプラットフォームになりました。今日、ブランドはInstagram用に特別にデザインされた画像を使って、プロフェッショナルなアカウントを作成しています。そこで、Colorkulerが役に立ちます。

一貫性のあるプロフィールを作成するために、カラーパレットが必要です。このカラーパレットジェネレーターは、あなたのユーザー名を入力するだけでプロフィールで最も使われている色をチェックすることができます。

colorkulerカラーパレット

お持ちのパレットが気に入らない場合は、変更するだけです。その後、Colorkulerに戻りダブルチェックします。

5. BrandColors – 既存ブランドの公式カラーを見つける。

adobe ブランドカラー

大手ブランドが使用しているブランドカラーを見つけたいのであれば、このデータベースを使うべきです。これは、最大のブランドカラーコードデータベースであるため、使わない理由はないでしょう。

市場にあるブランド名を入力し、カラーパレットをチェックします。色をクリックして、カラーコードをコピーしてください。これで、あなたのデザイン内で使用することができます。

twitter ブランドカラー

カラーパレットジェネレーターではありませんが、企業のブランドカラーをリサーチするのに役立つツールです。

6.  Color Tool – ウェブ & UXデザイナー向け。

ウェブカラーパレットジェネレーター

Color Toolは、ウェブとユーザーインターフェイスデザイナーにとって特に便利で高度なカラーパレットジェネレーターです。このウェブサイトは、多様なテンプレートを提供し、ページ上で直接色を「ドレスアップ」できます。

このツールの素晴らしい機能 – 現実にカラーパレットの見え方がチェックできること以外では、選んだカラーコンビネーションのアクセシビリティレベルをチェックできる点でしょう。

カラーツール生成

7. Gingersauce – カラーパレットの最終確認とプロフェッショナルブランドブック への追加。

カラージェネレーターでカラーパレットを完成させるか、あなたが事前に選択した色を入力します。

ブランドブック内のブランドカラー

最終決定の十分な余地があります:カラーを変更するか、カラーパレット内の場所を替えたい場合はドラッグしてください。

ブランドブック要素

仕上げ作業が終わりましたか?ブランドブックにブランドカラーパレットを追加しましょう!

Gingersauceは、自動化と創造性を組み合わせたブランドブックメーカーであり、プロフェッショナルなツールです。つまり、中途半端な仕事はせず、あなたに確実な結果をお渡しします。

ブランドガイドラインの成功の鍵は、ブランドカラーを記録に留めることです:Gingersauceは、一箇所にあなたの全ての作品を集め、あなたのブランドデザインに一貫性があることを確かめます。すぐに生成されたブランドブックをダウンロードすることが可能です。カスタマイズ不要で、素晴らしいブランドブックが完成します!

ブランドガイドラインを作成

この投稿を共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on skype
Share on telegram
Share on email

コミュニティリソース

ブランディングについて学び、ニュースを最初に受け取る

ニュースレターでは、プロジェクトのアップデート、ブランディングニュース、ヒントなど(割引情報あり🤫)を送信します!

プロフェッショナルブランドブックを作成する

プロフェッショナルブランドブックを自動作成するのに必要なものは、ロゴだけ。あとは、ウィザードにお任せください!

ページを離れる前に、ビジネスをブランドに変換しませんか?

ブランドアイデンティティ作成+知識を深めるビジュアル案の全プロセスに関する詳しいステップ・バイ・ステップガイド付きブランディングワークブックを取得しよう。

blank

ブランドブックをアップロード

毎週、最高のブランドブックを選び、ブランドブックギャラリーに投稿します。