Logo Design History

ロゴデザインの歴史:ロゴの起源とは?

現代の理解では、ロゴはブランドを認識させ、パーソナルアイデンティティを促進させる図案、シンボルです。しかし、「ブランド」が存在さえしない時代に、ブランドのアイデンティティとなるこれらのイメージを人々はどのように定義したのでしょうか?

シンボルの力

まず、ロゴデザインの歴史からロゴの基礎について話します。

数世紀に渡り、人々は宗教、文化、経験に基づき異なるシンボルに対して特別な意味を定めてきました。これがまさに、あらゆるロゴデザインの今日のシンボリズムです。しかし、主観的なシンボルは特定の文化を指す場合がありますが、世界中には同じ要素で視覚的に表現される相互経験のシステムがあります。

古代のロゴ

人類が、数千年に渡り、印、シンボル、署名を使用し、身分証明してきたことを理解するのは重要なポイントです。

古代エジプトの印
古代エジプトの印

古代エジプトは、古代で最も発展した文明だと考えられており、初期のロゴタイプにおいても明らかです。古代エジプトの表記体系は、非常に象徴的です:イメージは言葉や状況を表しています。今日のロゴデザインと同様に、古代エジプトのロゴデザインの歴史には、異なる意味が指定された特定の色があります。

ただし、古代エジプト人だけが、初期の署名やシンボルイメージを使った人物ではありませんでした。

世界初の個人の署名付きシュメールタブレット
世界初の個人の署名付きシュメールタブレット

同時に、中国では初の象形文字が開発されました。この象形文字では、シンボルがアイデア、言葉、署名を表しました。

象形文字の歴史

世界中の署名が、人間、家畜のブランド、または製品の製造者の身元情報として使用されました – 古代ギリシャ人とローマ人がこれを行っていた証拠があります。

ロゴデザイン 中世の歴史

中世の紋章を見たことがない人はいないでしょう。12世紀から、紋章のデザインは階級を表すために使用されました。

当初、紋章は戦場で異なる党の騎士を区別するために作られましたが、13世紀までにヨーロッパ審議会の紋章は、祖先を誇りに思う貴族と騎士の間に広まりました。

13世紀の紋章
13世紀の紋章

当時の発展により、人々は都市部へ移動しました。都市部では、農業や家畜のみで生計を立てることはできません。そこで、需要が増えるにつれ、より多くの「店」が登場し始めました。人々は客を集めるために、店と販売している商品を示す看板を掛け始めました。

中世 店の看板
中世 居酒屋の看板

印刷の時代

しかし、製紙と印刷の始まりでロゴデザインの歴史に大きな転機が訪れます。ヨハネス・グーテンベルクが1440年に活版印刷技術を開発した後、大量の印刷物が刷られるようになり、著者と出版社は作品の所有権を主張するためにロゴを作成しました。

英語で印刷された初の広告
英語で印刷された初の広告
英国植民地時代 広告
英国植民地時代の広告

ロゴデザイン&20世紀の産業革命

産業革命の時代までに、カラー印刷の導入により、広告はごく一般的になりました。産業革命は、お金を使える別の社会的グループである中流階級を生み出しました。新しいビジネスが出現、成長し、ブランディングが必要になりました。

メモ:当時の象徴的なロゴデザイン言語には、国、航海、紋章、および農業のイメージが含まれていました。国と紋章のシンボル(王冠、旗、紋章)は尊厳と地位を意味し、航海、自然、農業のシンボル(海景、鳥、小麦の茎、家畜)は純粋さと新鮮さを表しています。

20世紀前半の広告
20世紀前半の広告

ビジネスアイデンティティ作成における素晴らしい例が、1903年にウィーンで設立したWiener Werkstätteと呼ばれる製造・マーケティング企業です。

Werkstätteのブランディング

請求書や包装紙など、会社に関係するすべてのものを設計するために、4グループのアイデンティティ要素(Werkstätteの赤いバラのシンボル、Werkstätte、デザイナー、プロデューサーのモノグラムマーク)が使用されました。

これはまさに、視覚的要素がビジネスのイメージと評判を確立する上でかつてないほど強力になった瞬間です。

20世紀 広告

テレビの時代

テレビが一般的に導入される前のロゴの一般的なルール。それは、常に一貫性のある静的なフォーマットで表示する必要があるというものでした。しかし、それは新しいフォーマットの出現に続いて変わりました。ロゴデザインの歴史はさらに一歩進みます。新しいダイナミックな動画の出現により、デザイナーやブランドは作品を創造的にすることができるようになりました。

そこで、グラフィックアイデンティティ形式を一気に変えた象徴的なMTVロゴについて紹介します。

MTVロゴの歴史

このロゴは定期的に再設計、アニメーション化、適合されており、MTVの究極のエッジの効いたモダンなイメージを確立しています。

21世紀–ブランディングの時代

この時代、商品を売るだけの単純な企業はありません。ミッション、ビジョン、アイデンティティを備えたブランドがあります。ブランドは、人々の心に語りかける個性です:今の時代、Nikeの靴を履くことは、スポーツの成果、モチベーション、そして前進を表す声明になっています。

ブランディングは非常に大規模になりました。人さえもブランドになることができます。ゴードン・ラムゼイ、オプラ・ウィンフリー、エレン・デジェネレスを思い出してください。自身をブランドに変えた成功例です。彼らの名前を一言商品に載せるだけでヒット商品になります。

開発中のロゴを含むビジュアルアイデンティティは、必須です。これは、人々の心に必要なブランド関連性を築くのに役立ちます。今日、ロゴタイプの作成は単に象徴的なイメージを使うものではありません – 靴の写真を使い、企業を靴の製造元だと呼ぶものではないのです。現代のデザイナーとして、ブランドの個性を考慮し、対象者に企業が魅力的に映る方法を考えなければなりません。流行やデザイナーの進化についても無視することができません。文化的に重要な出来事をデザインに反映する必要があります。

ボーナス特典:ロゴデザインの歴史 「複雑」から「シンプル」へ

現代は多忙な時代です。時間の経過と共に、私たちの生活はさらに複雑になります。私たちの生活がより多くの情報でいっぱいになると、ロゴデザインはさらにシンプルになります。人々は今まで以上に多くのデータを消費しているため、この傾向が起きています。デザインがシンプルであるほど、人々に覚えられやすくなります。

Shell ロゴの歴史
Apple ロゴの歴史
Audi ロゴの歴史

結論

今日、ブランディングはまだ不必要だと時折見なされることがあります。まるで数年前に紹介されたかのように、ブランディングが不必要で気まぐれなものだと思う方もいます。しかし実際には、ロゴデザインの歴史に示されているように、象形文字から紋章、家畜のブランディングから居酒屋の看板まで、何らかの形で企業や人々が自分自身とそのサービスを識別するのにブランディングが役立ってきました。

現代の世界では、同様のサービスを提供する他社から目立つために、あなたはさらに努力する必要があります。ブランディングは、それを行う方法です。ブランドに個性、オーラを与えることにより、あなたが売る商品以外で、人々がこだわる対象になります。

Gingersauceが21世紀のブランディングをお手伝い

Gingersauceは、自動化と創造性を組み合わせたブランドブックメーカーであり、プロフェッショナルなツールです。つまり、中途半端な仕事はせず、あなたに確実な結果をお渡しします。Gingersauceは、一箇所にあなたの全ての作品を集め、あなたのブランドデザインに一貫性があることを確かめます。

すぐに生成されたブランドブックをダウンロードすることが可能です。カスタマイズ不要で、素晴らしいブランドブックが完成します!

ブランディングを作成

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on email

コミュニティリソース

ブランディングについて学び、ニュースを最初に受け取る

ニュースレターでは、プロジェクトのアップデート、ブランディングニュース、ヒントなど(割引情報あり🤫)を送信します!

プロフェッショナルブランドブックを作成する

プロフェッショナルブランドブックを自動作成するのに必要なものは、ロゴだけ。あとは、ウィザードにお任せください!

ページを離れる前に、ビジネスをブランドに変換しませんか?

ブランドアイデンティティ作成+知識を深めるビジュアル案の全プロセスに関する詳しいステップ・バイ・ステップガイド付きブランディングワークブックを取得しよう。