ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

よく描写/説明されたロゴを作ったとしても、ロゴ単体では十分ではありません。顧客にオプションを提示する必要があります。デザインは非常に主観的であり、最初のバージョンが最終作になることはほとんどないでしょう。そのため、ロゴの代替案が必要になります。

ロゴの様々な代替案は、ロゴの異なるアプリケーションや使い道のために使われます。ロゴが使用される場所や形式は数え切れないほどあります。デザイナーの仕事は、出来る限り広い視野を持ち、全ての予想されるフォーマットのためにソリューションを提供することです – これには、ロゴの代替案の助けが必要です。

同様に、ロゴオプションは、異なるコンテクストのために用意されるべきです - ソーシャルメディア、ウェブサイト、印刷資料、大規模なグラフィックや看板用の印刷フォーマットなど。

一般的に、複数のオプションを提供することは、ブランドへの献身を表し、デザイナーとしての評価を上げることになります。

ロゴオプションのスタイリングと構成方法とは?

ガイドラインのロゴの代わりに別のセクションを用意してください。デザイナーと企業のチームは、必要なバリエーションの数を決定できますが、私たちの経験では、少なくとも5つの代替ロゴの種類を含める必要があります。

メインロゴ

これは、ブランディングメッセージの本質を表すロゴです。メインフォントと視覚要素で構成されています。また、ロゴのフルバージョンと呼ぶこともできます。

ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

メインロゴの作り方とは?

メインロゴを作成する方法は、ブランドの評判と視聴者の意識によって異なります。人気のあるブランドは、ブランド名やその範囲を示すことなく、シンプルなロゴを作成する余裕があります。一般的なアイデアを伝えるだけで十分です。

一般的な戦略は、最初にロゴのより詳細な代替案を作成することです。通常、これらの代替案は、ブランド名を特徴としています。これがGingersauceで行ったことです。

ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

私たちのロゴは、サービス名と目的を示しています。ロゴを見るだけで、Gingersauceが何であるかを理解できます。

ブランドが拡大し、人気が高まると、企業は、Instagramのように、メインロゴと代替ロゴの省略バージョンに切り替えることができます。

数多くの代替ロゴ

小さなプロモーション資料やフィールドに収まるロゴの小型バージョン。 Instagramは、メインロゴと代替ロゴがオンラインブランドガイドラインで使用される方法を管理しています。

ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

Gingersauceには、そのようなバージョンのロゴオプションもあります。バナーやソーシャルメディアでは、それほど多くのテキストを含むロゴが常に収まるとは限りません。そのため、サイドに省略バージョンを持っています。

ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

プロモーション資料でこのロゴを使用する方法は、以下のとおりです – ご参考までに:

オンラインでブランドブックを作成

サブマーク

サブマークは、ロゴを強調するグラフィックを簡略化した代替案であり、ブランド名を強調します。サブマークは、ロゴの縮小されたサイズ、時には品質の代替を特徴としています。

Instagramの代替ロゴの例をご覧ください。

instagramロゴ

代替ロゴのアイコン

顧客は、通常のロゴが収まらない全ての状況でこれらの代替ロゴを使用するでしょう。それは、Webサイトのタブ、プロモーション資料、ブランディング資料、グッズのデコレーション向けのアイコンになるかもしれません。アイコンは、通常メインパレット内の様々な色で実装されます。アイコンは、ミニマムで小型です。

instagramアイコン

Instagramは、素晴らしいロゴスタイルの例であり、私たちにインスピレーションを与えます。実は、私たちはスタイルを決定する前に、多数の企業のロゴのブランドアイデンティティと代替ロゴを調べました – しかし、私たちは最終的に通常の使用で利用できる一連のアイコンを思いついたのです。

こちらが、私たちのチームが通常使用するデザイン、マーケティング、コミュニケーションのグラフィックアセットと代替ロゴの内部です。

ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

多彩なロゴ

追加のエレメントを特徴とするロゴの代替案があります。これらは、特別な場面で使用されます。一部の企業は、これらの代替案を持っていませんが、顧客向けに作成するのは良いアイデアでしょう。特別なプロモーション活動、ビジネスプレゼンテーション、または創造的なコミュニケーションキャンペーンにおいて、使えるかもしれません。

ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

一貫性

プロのデザイナーの目標は、特定のテーマに沿りながらも、柔軟性のあるイメージを作ることです。代替ロゴを作成した場合、それらを異なる媒介や状況に適合します。これを行う際、全てのエレメントに渡り同じスタイルを維持しなければなりません。

代替ロゴを含めた全ての資料において、統一されたスタイルに沿うことで、デザイナーはブランドとエンドカスタマーに敬意を示すことになります。

これは、プロとしての証です:同じツールで長期に残る印象を作り出すスキルを示します。

ブランドアイデンティティに関する作業の一貫性を保つ方法は以下のとおりです:

  • メインフォントとカラーパレットを定義して従います。顧客がパレットやフォントプロファイルについて質問しなくても、プロのデザイナーがそれらを提供することは当然です。一貫したテキストと色のスタイルのないロゴの代替はあまり価値がありません。
  • 選択したスタイルがブランドスタイルと一致していることを確認します。代替ロゴを作成する前に、調査します。顧客にその利点、対象視聴者、競合他社について尋ねてください。
  • クライアントペルソナを作成します。成功するブランドデザイナーは、直接の顧客(事業主)の要件に対応すること以上に考える必要があります。代替ロゴの最終目的は、常にブランドの顧客です。先に作業を進める前に、ブランドの顧客についてよく理解してください。
  • 一貫性の意味を顧客に説明します。デザイナーの仕事は、ビジュアルアセットの提供を止めるものではありません。専門家として、私たちは仕事に長期的な影響を与えることにも関心を持っています。ブランディング資料のすべての詳細を顧客に提供し、質問を受け付けてください

最も重要なポイントは、あなたの創造的なプロセスを導く参考資料を選んでください。あなたにインスピレーションを与え、仕事の基準を設定するブランドアイデンティティを持つことは、ブランディングの成功への足がかりです。

ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース
ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース
ロゴオプションの作成方法:例と使用ケース

多様なイメージやアイコンをカスタマーに提供する代わりに、音楽のように、1つのモチーフを仕上げ、そこからバリエーションを作成してください。作品をブランドブック内で整頓することができます – ブランドブックこそ、最も直感的で、簡単に使用できる提示方法です。

結論

ロゴは、ブランドのビジョンと価値観の強力なイメージです。 1つのバリエーションだけですべてを表現することは困難です。ブランドアセットにロゴの5つのオプションがある場合、これらのビジュアルをさまざまな媒介、状況、対象視聴者に簡単に適合させることができます。

ブランドブックを使用すると、バリエーション全体で一貫したスタイルを維持し、それぞれの使用例を定義できます。デザイナー向けのプロのブランドブックメーカーであるGingersauceを使用すれば、プロフェッショナルブランドブックをすぐに作成できます。

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on email

コミュニティリソース

ブランディングについて学び、ニュースを最初に受け取る

ニュースレターでは、プロジェクトのアップデート、ブランディングニュース、ヒントなど(割引情報あり🤫)を送信します!

プロフェッショナルブランドブックを作成する

プロフェッショナルブランドブックを自動作成するのに必要なものは、ロゴだけ。あとは、ウィザードにお任せください!

ページを離れる前に、ビジネスをブランドに変換しませんか?

ブランドアイデンティティ作成+知識を深めるビジュアル案の全プロセスに関する詳しいステップ・バイ・ステップガイド付きブランディングワークブックを取得しよう。