マーティン・トミッチュ:Design. Think. Make. Break. Repeat

gingersauce.co

3分で読む本 😁
マーティン・トミッチュ:Design. Think. Make. Break. Repeat.

対象者:デザイン思考テクニックを学ぶことに興味を持っている方。

この本は、あらゆる創造力に富んだプロジェクトで適用できる60のテクニックの完全なセットです。この本は、各方法におけるシンプルでストレートなエクササイズだけでなく、すぐに使えるテンプレート、ツール、ケーススタディ、デザイン課題も含んでいます。

4 ステージ
真っ直ぐな道が常に革命的なソリューションに繋がるとは限りません。デザインには、コンテクストの調査(“think”)、プロトタイピング(“make”)、ソリューションの検証 (“break”)が必要です。そして、これからのプロセスをなるべく早く、頻繁に交互に行うことがベストです(“repeat”)。

共感
市場にある70〜80%の新製品が、ディベロッパーが高度なテクノロジーを使わない理由ではなく、消費者ニーズを理解していなかったがために、失敗に終わっています。消費者を理解することが、共感を覚える上で重要です。

イノベーションの鍵
スピーディーに作成:すぐに適切なデザインを作ろうとせずに、デザインの様々なバージョンの思案、作成、破棄をすることがイノベーションの鍵となります。

ソリューションの検証(“break”)の必要性
さらに良いアイデアが思いつくように、時には既存のアイデアやコンセプトを諦めなければなりません。あなたのデザイン決定を破棄するために、失敗の可能性を受け入れることを学ぶ必要があります、

デザインとボディ
ボディストーミングとは、生成されたアイデアの共感を用いたブレインストーミングのバリエーションであり、身体的探索と相互作用を通し予想しなかった発見をすることです。

マインドマッピング
マインドマッピングとは、記録テクニックです。特にデザインで役に立つマインドマップとは、重要な質問(誰、何、いつ、なぜ、どこ、どのように)に答える情報を構成するマップです。

方法が記載されたカードがあらゆる順番&幅広いタスクで利用できるため、これらの本は通常「プレイブック」として参照されます。面白い本だと思いませんか?