ブランドパーソナリティの5つの側面を説明

gingersauce.co

ブランドパーソナリティ:どのような感情をブランドに生むか?

ブランドパーソナリティは、感情的なブランドイメージです。言い換えれば、消費者とブランドの間にある感情的な繋がりです。競合他社は機能、サービス、流通チャネルを真似することができますが、ブランドの感情的なイメージを作成することにより、企業は差別化できる要因を手に入れることができます。

ブランド戦略に焦点を置いたマーケティングのスペシャリストであるJ. Aaker氏は、ブランドパーソナリティについて研究し、次の5つの側面で定義しました:
1. 誠実さ(Sincerity): 現実的、正直、健全、陽気。
2. 興奮(Excitement): 斬新、活発、独創的、最新。
3. 能力(Competence): 信頼できる、知的、成功した。
4. 洗練(Sophistication): 上流階級、魅力的。
5. 頼もしさ(Ruggedness): アウトドア派、頑固。

例 1: @cocacolaについて考えた場合、意識的または無意識的に「幸せ」について考えます。その理由?コカコーラは、クリスマスから夏休みまで、考えられるあらゆる幸せな瞬間とブランドを並べることで、「幸せ」とブランドが関連付けるようにしました。コカコーラの宣伝やメッセージでは、継続的に幸せな瞬間と、私たちが幸せと結びつける魔法のようなキャラクターを映し出しています。コカコーラは、楽天的で楽しいことを愛するパーソナリティです。コカコーラは、視聴者に恐れとストレスを忘れ、この瞬間を楽しむように勧めています。コカコーラは誠実な(Sincerity)ブランドパーソナリティを持っています。

例 2: @mercedesbenz は高級志向で独占的なブランドです。消費者に彼らのクラブに参加するための権利を得るように勧めています。権利?成功。報酬?ステータス。メルセデス・ベンツは優位性と独占権を伝え、視聴者に彼らがトップに居ることを思い出させます。ブランド体験の全体を通して、メルセデス・ベンツは、ステータス、富、成功の特徴を表し、消費者に達成感を提供します。メルセデス・ベンツは、洗練された(Sophistication)ブランドパーソナリティを持っています。

米国だけでも約3070万社の中小企業があります。公共の場で注目を集めたい場合は、力強い声を身につけ、ブランドガイドライン内でメッセージを記録する必要があります — もちろん、Gingersauceを使ってこれを実行しましょう 😏