how to create a brand design system

ブランドデザインシステムの作成方法:8つの鍵となる要素

過去の記事で「ブランドシステムが何なのか」、そしてビジネスの規模関係なく「ブランドシステムを作る重要性」について述べました。過去の記事では、私たちの意見と共に11のデザインシステム例を紹介しました。しかし、一体どのような要素がブランドシステムを良いシステムにするのでしょうか?

ブランドデザインシステムとは、ブランディングアセットの収集です;ブランドデザインシステムは、「組織のデザイン方法と製品の作成方法に関する公式ストーリー」として機能します。

ブランドデザインシステム

本質的に、ブランドシステムは製品に取り組む全員が同じ理解を共有し、守備一貫しており、状況について合意ていることを確実にします。それ以外では、チームがブランドに関連したエレメントを必要な場合に見つけるときのライブラリになります。

プロジェクトが拡大するにつれ、自然とさらに多くのことを覚えなければなりません。ブランドシステムは、全ての情報を一箇所にまとめる最善の方法です;デザインシステムは、特に若手デザイナーの方が、ブランディングを完全に保つために役に立ちます。

今回、私たちはブランドデザインシステムの要素について深く見ていきたいと思います:将来的に使用する効率的なデザインキットを作るために、必要なものとは何でしょうか。

ブランドデザインシステムに含まれるものとは?

出来るたけ実例に基づいて説明しようとした場合、Uberがブランドのために作成したブランドデザインシステムの全ての要素について話す必要があります。

1. ロゴ

ロゴデザインシステム

ロゴは、製品やサービスを特定するブランドアイデンティティシステムの軸であるイメージ、テキスト、または形です。さらに深いレベルでは、ロゴは、企業の特性、バリュー、パーソナリティも伝えなければなりません。

良いブランドデザインシステムは、ロゴに関連する全ての情報を含んでいます:サイズ、クリアスペース仕様、カラー、配置、ロゴフォントなど。

本質的には、ロゴはブランドの顔です。全ての媒介を通して、ロゴの要素の一貫性を保つことが重要です。

2. ブランドマーク

ブランドマークは、ブランドの最初のビジュアル識別子となるグラフィカルシンボルです。ブランドマークは、ロゴデザインの小区分です。ブランドマークは、ロゴから全ての文字、言葉、名前を除去し、イメージを通して意味を伝えます。

uber ロゴ

3. ブランドカラーパレット

ブランドカラーパレットは、ブランドパーソナリティを表現するユニークな色の組み合わせです。各色の感情的な関連性について学ぶプロセスから始めれば、ブランディングカラーの選択は簡単です。

uberブランドカラー

ブランドデザインシステムは、各側面でブランドが使う正確な色を定義する場所です。特に次の色を定義します:

  1. ブランドのプライマリカラー
  2. ブランドのセカンダリカラー
  3. ブランドのアクセントカラー
  4. ブランドのスペシャリティカラー

また、色をどの比率で使うかを定義するのに適切な場所でもあります。

カラーパレットは、ブランドの特定の関連を作成するのに強力なツールです:デザイナーが毎回適切な色合いを仕様していることを確認します。

4. ブランドフォント

ブランドフォントは、ブランドに声とパーソナリティをもたらすことで物語を語る一連のフォントです。異なるフォントは、異なる感情を呼び起こします。そのため、フォントの選択はアートです。フォントには主に3つのグループがあります-セリフ体、サンセリフ体、スクリプト体。

uber フォント
フォントブランドデザインシステム

フォントはよく軽視されますが、ロゴと同じくらい強力になれます。慎重にフォントを選び、フォントを素晴らしいタイポグラフィ案の中に組み込む必要があります:フォントのブランドデザインシステムへの追加は、ブランドアイデンティティをまとめるための1つの方法です。

視聴者とコミュニケーションを取るために毎回異なるフォントを使用した場合、スタイル、アイデンティティ、そしてブランドが失われる可能性があります。

Coca Cola フォント
ちょっと変なところがありますよね?

5. ブランドタイポグラフィ

一方、タイポグラフィは、最も適切な方法でメッセージを広めるために並べられたテキストとして定義されます。タイポグラフィには、レイアウト、スペース、サイズ、階層構造、カラー、様々な媒介の統合を含みます。

uber ブランドタイポグラフィ

テキストが表示される方法は、ブランドが視聴者に特定のメッセージを伝えるのにも役立ちます。

6.  イメージ

イメージは、ブランドアイデンティティを表現する全ビジュアルの結果です。ブランドイメージは、掲示板からInstagramのページ、ウェブサイト、印刷広告物に渡る様々な形態で現れます−しかし、ブランドイメージは視覚的に潜在的な顧客と繋がります。また、ブランドイメージはブランドの一般的なスタイルに沿う必要があります。

簡潔に言えば、イメージは顧客が見て、感じ、嗅ぎ、聞き、味わうものです。結局のところ、私たちはデザインシステムに取り組んでいるため、見られるもの-ブランドのビジュアルアイデンティティについて焦点を置きましょう。

ブランドは視覚レベルでユーザーとどのように繋がっていますか?その答えをブランドデザインシステムに含めましょう。

アイコン、アイコンの作り方、使い方。

ブランドイメージ

イラスト、スタイル、原則、構造。

uber イラスト

写真、何/誰が写真に取られるべきか、構図、適用。

ブランドフォトグラフィ

覚えておくポイント:ブランドデザインシステムは、あなたのために働く異なる分野の専門家の参考資料として使用されます。完璧にする必要がある全てのブランド要素を備えていることを確認してください。本記事で紹介した5つの要素は、ただのバックボーンであり、全てのブランドが所有/使用する必要不可欠なパーツです。

しかし、多様なブランドがあります。一部のブランドは、ブランドのキャラクター(パーソナリティ、製図スタイル、使用選択肢)を追加する必要があるかもしれません。中には、製品と関連付けられるサウンドを追加する必要があるブランドもあるかもしれません。

7. ブランドパターン

ブランドパターンとは、ブランドに特有のパターンです。ブランドパターンは、ロゴ、ブランドマーク、またはブランドのビジュアルアイデンティティのその他の要素に由来する場合があります。あるいは、ブランドパターンは全ての寄せ集めから作られる場合があります。

ブランドパターンは、単純なロゴに命を吹き込み、強く記憶に残るブランド表現を作成するのに役立つブランド認知において重要な役割を担う場合があります。

ここで、例えばUberはブランドパターンを持っていません。そこで、説明するのに他の例を紹介します。

ブランドパターン

ブランドが、製品/パッケージングなどのためにパターンを使用している場合、パターンをブランドデザインシステムの中に追加したいと思うかもしれません。

8. ブランドレイアウト

ブランドレイアウトは、ブランドに共通のページにある要素の比率と配布を示します。全ての媒介で一貫性を持たせ、ブランドのスタイルを感じさせたい場合は、常に少数のレイアウトテンプレートを使い続ける必要があります。

ブランドレイアウト

最初にブランドブックを作成し、デザインシステムを組み立てよう!

Gingersauceは、自動化と創造性を組み合わせたブランドブックメーカーであり、プロフェッショナルなツールです。つまり、中途半端な仕事はせず、あなたに確実な結果をお渡しします。

ブランドガイドラインの成功の鍵は、ビジュアルアイデンティティを含む全てのブランディング要素を記録に留めることです:Gingersauceは、一箇所に全ての情報を集め、後にデザインシステムの組み立てを簡単にします。

すぐに生成されたブランドブックをダウンロードすることが可能です – たった数分で完了します!

ブランドガイドラインを作成

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on email

コミュニティリソース

ブランディングについて学び、ニュースを最初に受け取る

ニュースレターでは、プロジェクトのアップデート、ブランディングニュース、ヒントなど(割引情報あり🤫)を送信します!

プロフェッショナルブランドブックを作成する

プロフェッショナルブランドブックを自動作成するのに必要なものは、ロゴだけ。あとは、ウィザードにお任せください!

ページを離れる前に、ビジネスをブランドに変換しませんか?

ブランドアイデンティティ作成+知識を深めるビジュアル案の全プロセスに関する詳しいステップ・バイ・ステップガイド付きブランディングワークブックを取得しよう。