branding colors

ブランドにぴったりなブランドカラーを選ぶための5ステップ

調査によると、62-90%の製品評価がブランドカラー単体に基づくものだと示されています。

ブランドを表現するために選んだブランドカラーが、消費者の見方にどのように影響を与えるかはもはや秘密ではありません。はい、色の心理学は重要です。正しく使われた場合、あなたのビジネスの認知度が高まるだけでなく、報酬にも直接影響を与えます。

過去のブログ記事で、私たちは簡潔に色の心理学について触れました。本記事では、この内容についてさらに深く掘り下げて行きます。本記事を読み終えた後、あなたは次の項目を学ぶことになるでしょう:

  • 色の意味;
  • 特定の業界で適する色;
  • カラーパレットの選択方法など!

色はどれほど強力か?

簡潔に言うと、非常に強力です。人間は、色を色として見ていません。人間は、色を組織的、感情的、文化的意味、または数千前の象徴的な経験にさえも変換しています。例えば、緑色と茶色は、草、自然、地面のシンボルとして見なされています。

顧客の心理を知ることは、今日のマーケティング&ブランディングテクニックで幅広く使える強力な武器です。

:食品企業は、ブランディングにおいて一般的に赤色を使います。赤色は、食欲をそそり、緊急性を示し、FOMO効果を作り出す色として有名です。McDonald’sやTaco Bellがその完璧な例です。

ブランドとして、壊すことのできない感情的なつながりを顧客と作る必要があります: これにより、顧客はブランドをただ製品を売りつける企業ではなく、良い製品を宣伝する友人として見なします。このため、正しくブランドカラーを決めることに気を配る必要があります。

ブランドカラーの選び方とは?

難しいポイントです。600万以上の色が存在しているため、その中から選ぶことは非常に困難です。しかし、私たちがお手伝いします!

このセクションでは、ステップバイステップで正しいブランドカラーの選び方のプロセスを説明します:一部のアドバイスは、個人的な経験によるものです。

1. 色 = ブランドのメッセージ

最初のステップは、ブランドを定義することです。

  • ブランドのミッションは?
  • どのような感情を引き出したいか?
  • どのようなイメージを確立したいか?
  • ブランドについて考えたときに、顧客にどのような思い出を持って欲しいか?

色に目を向ける前に、答えなければならない質問があります。それは、何故でしょうか?

先述した通り、色は強いメッセージを送り、特定の感情を引き出す力があります。例えば、ある企業のミッションが孤児の家を見つける支援をすることだとしましょう。赤色やオレンジ色は、警告、緊急性、エネルギーを表すため、このミッションには合いません。

2. カラーコードを学ぶ

黄色は、喜びとポジティブさを表す色です。

ブランドカラー 黄色

黄色は、太陽と強い関連性があり、温かさ、夏、フレンドリーな気持ちをもたらします。また、黄色は、他の色よりも目立ち、強調された部分に視聴者の注目を集めます。

例:Snapchat

ブランドブックスタイル:フレンドリー、積極的、社交的、楽しい。

ブランドのミッション:「当社は、カメラを改革していくことにより、私たちの生活やコミュニケーションの方法を、更に素晴らしいものにできると考えています。」

カラーパレット:「イエローが大好き。ブランドの最も重要な要素の1つです。Snapイエローによろしく。」

Snapchat ブランドガイドライン
Gingersauceで作成されたブランドブック

オレンジ色は、友情と信頼を表す色です。

ブランドカラー オレンジ色

喜びの黄色と注目を集める赤色が混ざったオレンジ色は、フレンドリーさとエネルギッシュな側面を表します。ティーンエイジャーやヤングアダルトを対象視聴者にするブランドで頻繁に使われています。

赤色は、エネルギーと熱意を表す色です。

ブランドカラー 赤色

明るさ、若さ、活発さ。赤色は、血圧と心拍数を上げると信じられています。興奮、緊急、そして攻撃的な感情と幅広く関連付けられています。

例:Pinterest

ブランドブックスタイル:モダン、目を引き付ける、フレンドリー、楽しい、信頼。

ブランドのミッション:好きな暮らしを作るためのインスピレーションを全ての人にもたらす。

カラーパレット:Pinterestは、Pinterestレッドと呼ばれる特徴的なカラーで簡単に認識されます。

Pinterest ブランドガイドライン
Gingersauceで作成されたブランドブック

紫色は、ロイヤルティと特別感を表す色です。

ブランドカラー 紫色

ブランドカラーとして紫色を使うことで、顧客に特別感を与えることができます。また紫色は、創造性、想像性、神秘性、優雅さで有名です。

例:Yahoo

ブランドブックスタイル:華麗さ、インスピレーションを与える、興奮、喜び。

ブランドのミッション:インスピレーションを与え、喜ばせ、楽しませること。 カラーパレット:プライマリパープルは、「Grape Jelly」と呼ばれる明るい色。セカンダリパープルは、「Hulk Pants」や「Malbec」として知られるアクセントカラー。

Yahoo ブランドガイドライン
Gingersauceで作成されたブランドブック

黒色は、洗練さや豊かさを表す色です。

ブランドカラー 黒と白

人気色として、黒はファッション界から消えることはありません。優雅さ、厳格さ、強さ。黒は、高価な商品を売るのにぴったりです。

白色は、純粋さや優雅さを表す色です。

ブランドカラー 白色

白色は、一般的にシンプル、無邪気、気高いと考えられています。顧客は、デザインに白を取り入れるブランドを信頼しているようです。

白色と黒色の両方を取り入れた例がAppleです。

ブランドブックスタイル:洗練された、優雅、シンプル、熱意。

ブランドのミッション:最高のパーソナルコンピュータ製品を届け、世界140カ国以上からの学生、教育者、デザイナー、科学者、エンジニア、ビジネスパーソン、顧客をサポートする。

カラーパレット:ミニマムなカラーコンビネーション。現在、Appleはシルバー、黒色、白色で幅広く知られています。

Apple ブランドガイドライン
Gingersauceで作成されたブランドブック

青色は、リラクゼーションと安全を表す色です。

ブランドカラー 青色

青色は、安全と信頼に関連付けられます;海を思い出させる青色は、リラクゼーションとストレス解消になります。自信を持たせる力のある青色は、ブランディングカラーで最も人気のある1つです。

例:Behance

ブランドブックスタイル:プロフェッショナル、信頼できる、クリエイティブ、インスピレーションを与える。

ブランドのミッション:創造的な世界に力を与え、アイデアを現実にさせる。

カラーパレット:どちらかというと保守的なカラーパレットを維持しているBehanceのメインカラーは、リボンブルー、ブルーベリー、チェレスタです。

Behance ブランドガイドライン
Gingersauceで作成されたブランドブック

緑色は、自然と健康を表す色です。

ブランドカラー 緑色

先述した通り、緑色は自然な色です:オーガニック、健康、新鮮さを表したいブランドがブランドカラーとして緑色を幅広く使用しています。 例:Spotify

ブランドブックスタイル:大胆、豊か、活発、アクティブ、エレクトリック。

ブランドのミッション:百万人のアーティストに音楽で生きていけるチャンスを与え、数十億人のファンに音楽を楽しみ、刺激をもらうチャンスを与えることで、人間の創造力の可能性を解き放つ。

カラーパレット:Spotifyは、常に緑色であり、カラーが変わることはありません。ブランドコミュニケーション内では、さらにカラフルな言葉を含んでいる一方で、Spotifyグリーンはブランドの休息カラーであり、ブランドパレットが使われていない状況でのみ使用されています。

Spotify ブランドガイドライン
Gingersauceで作成されたブランドブック

3. 競合他社を分析する

完璧に見えるブランドカラーで素晴らしいビジュアルアイデンティティを作成するのに長い時間をかけた後、競合他社と似ているようなデザインになってしまう状況だけはどうしても避けたいです。

同じ業界内で、あなたが求める完璧な「雰囲気」を伝える1つや2つの色に留まってしまうことは非常に簡単です。競合他社のカラーパレットを分析することで、あなたは境界を超え、ビジュアルと感情的に際立つものを作ることができます。

4. 文化の違いを考慮する

特定の国の視聴者を対象としている場合、事前に考えるべき別のポイントがあります – その地域の色の文化に目を向けてください。

大部分の色は、世界中で同じような感情を引き出しますが、特定の国民の心の中に根付いている歴史的な経験に深く関係する一部の例外が存在します。

例えば、黄色は一般的に幸せの色だと考えられていますが、ラテンアメリカや中東では、黄色は「死」や「喪中」と関連付けられています。白色も同様です。西洋では、白色は「純粋さ」の象徴ですが、アジアでは白色が「葬式」で使われ、「不毛」、「喪中」、「不幸」、「不運」を表します。

5. 色が使われる場所を考慮する

色を使う場所の一覧は以下の通りです:

  • ロゴ
  • ウェブサイト
  • ストアフォント
  • 店内デザイン
  • スタッフ制服
  • 広告

☝? ヒント: 印刷する場合は、過度にカラフルなパレットはさらに高価になります。シンプルなものにしましょう。

結論

ブランドカラーの選択は簡単なタスクではなく、よく考えた上で決める必要があります。伝えるメッセージと共に、ブランドに一貫性を持たせてください;たとえそれがミッションとビジュアル・リプレゼンテーションの不一致による潜在意識の不安であっても、人々を困惑させる必要はありません。

カラーを選びましたか?ブランドガイドラインに追加してください!

Gingersauce は、自動化と創造性を組み合わせたブランドブックメーカーであり、プロフェッショナルなツールです。つまり、中途半端な仕事はせず、あなたに確実な結果をお渡しします。

ブランドガイドラインの成功の鍵は、ブランドカラーを記録に留めることです:Gingersauceは、一箇所にあなたの全ての作品を集め、あなたのブランドデザインに一貫性があることを確かめます。すぐに生成されたブランドブックをダウンロードすることが可能です。カスタマイズ不要で、素晴らしいブランドブックが完成します!

ブランドガイドラインを作成

この投稿を共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on skype
Share on telegram
Share on email

コミュニティリソース

ブランディングについて学び、ニュースを最初に受け取る

ニュースレターでは、プロジェクトのアップデート、ブランディングニュース、ヒントなど(割引情報あり🤫)を送信します!

プロフェッショナルブランドブックを作成する

プロフェッショナルブランドブックを自動作成するのに必要なものは、ロゴだけ。あとは、ウィザードにお任せください!

ページを離れる前に、ビジネスをブランドに変換しませんか?

ブランドアイデンティティ作成+知識を深めるビジュアル案の全プロセスに関する詳しいステップ・バイ・ステップガイド付きブランディングワークブックを取得しよう。

blank

ブランドブックをアップロード

毎週、最高のブランドブックを選び、ブランドブックギャラリーに投稿します。