5 Common Branding Mistakes
ブランディングの5つの一般的な間違い

gingersauce.co

ブランディングの5つの一般的な間違い

ブランドアイデンティティは、各企業にとって非常にパーソナルな問題です。統一されたアルゴリズムはありません – Microsoftに合ったブランドアイデンティティが、Tiktokユーザーに受け入れられることはありません。効果的なブランドアイデンティティを思い付くには、クリエイターとビジネスオーナーは異なる見方からの課題を考慮する必要があります。

多くの失敗例があり、そこにはいくつかの共通の間違いがあります。そこでリストを用意しました – あなたのアイデンティティの正当性をチェックしてください。

1). ブランドアイデンティティガイドラインは、既存の企業の声のトーンで記載されるべき。多くのデザイナーは、ブランドがフレンドリーにメッセージを伝え、ドキュメントが最も公式なトーンで書かれるべきだという間違った主張をしています。例としてSlackのブランドブックをご覧ください。

2).一致したルールを適応していない。全ての要素は、正確な寸法と比率で表示される必要があります。

3). ストーリーを話していない。ブランドガイドラインは、ロゴの説明以上になるべきです。Googleがブランディングについて発表した全ての内容に目を通してみてください – ストーリーを中心にしています。

4).ブランドブックの視聴者を理解していない。もしかしたら、実際の視聴者は絶対にガイドラインを読まないかもしれません。対象視聴者を念頭に置き、デザイナー、再販者、株主へ語りかけていることを忘れないでください。

5).ブランドアイデンティティの更新に失敗している。既にロゴ、スローガン、スタイルを持っていれば、それで作業が終わりではありません。定期的に市場のニーズを分析し、順応する準備をしなければなりません。

間違いを犯さないために、Gingersauceでブランドアイデンティティ作りを始めることができます。Gingersauceは無料でブランドブックをオンラインで作成できるプロフェッショナルツールです。多様なスタイルを作成するのに必要なのは、企業のロゴだけ。あとは私たちにお任せください。