brand identity and corporate identity

コーポレートアイデンティティとブランドアイデンティティの違い [追加: ブランドの作成方法とは?]

2つの強力なマーケティング要素である、コーポレートアイデンティティとブランドアイデンティティ。これらは頻繁に混乱されがちです。ブランドを作成しようとしているのであれば、これらの違いについて知り、活用する必要があります。今回、コーポレートアイデンティティとブランドアイデンティティの違いに目を向け、実際にあなたがブランド作成を行っているかを確認するチェックリストをお届けします。

コーポレートアイデンティティとブランドアイデンティティの違いとは?

コーポレートアイデンティティは、認知を形成する内部活動に関する内容です。基本的には、企業が社会に存在価値を表現する方法になります。一方、ブランドアイデンティティは、企業がイメージを描写するために作成したエレメントの構造です。

またこれらのアイデンティティについて見る別の方法として、1つの企業内に複数のブランドが存在する場合を考慮します。この企業は、親会社の下での全てのブランドで見られる、ロゴ、デザインエレメント、イメージを持ったコーポレートアイデンティティを持っています。一方、各ブランドは異なるブランドアイデンティティを持っているでしょう。

ブランドアイデンティティは、主に消費者のみを対象にしています。一方、コーポレートアイデンティティの対象は、消費者、出資者、株主です。

あなたが気付くかもしれない他の違いは、コーポレートアイデンティティが長期的に安定し、変更されない傾向にあることだと思います。ブランドアイデンティティは、非常に柔軟性があり、トレンドに左右される可能性があります。

ブランドアイデンティティの要素とは?

ブランドアイデンティティの主な要素:

  • ブランドロゴ
  • ブランドカラーパレット
  • ブランドフォント
  • ブランドタイポグラフィ
  • 形&パターン
  • 一貫したスタイル
  • ブランドガイドライン


ブランドアイデンティティ要素の詳細とそれらが必要な理由については、この記事をご一読ください。


ブランド構築方法とは?

では、ちょっとしたボーナス特典へ移ります。ビジネスづくりをしていて、あなたのブランディング戦略で適切な方向へ向かっているか分からない方 – 私たちはあなたの悩みをよく理解しています。こちらに、実際ブランドを作成しているのか確認するために、自分自身に尋ねられる質問にリストをまとめました。変更すべき点があるのかチェックしてみてください!

ブランドパーソナリティをお持ちですか?

ブランドパーソナリティは、特定のブランドを説明するために使われる一連の人間的な特性として定義することができます。人々のブランドの見方や、ブランドの使用時に消費者が共感できる特性とは?これらの特性は、上記の質問の答えとなる形容詞で説明できます。例えば、若い、親切な、優雅な、男らしい、など。

全てのデザインアセットが主なブランドイメージとスタイルの一因となっていますか?

記憶に残るようにするには、一貫性が成功の鍵となります:視聴者があなたの特性を見る頻度が高くなれば、バナーに見覚えがあると考えたり、特定のサービスが必要なときに、あなたについて考える可能性が高くなります。

デザインアセット内のブランドの特性を視覚化し、強調していますか?

ブランドの特性は、消費者や将来性によってブランドに割り当てられた機能的で感情的な関連性です。言い換えれば、あなたについて人々に考えてもらいたい特性を指します。次の内容を尋ねてください:a)これらの特性を定義しましたか? b)デザインアセットの作成時にこれらの特性を考慮に入れましたか?これらの特性は、パターン、プロモーショナルビデオ、または他のものになる可能性があります。

例:ブランドの特性の1つが「洗練された」だと仮定します。適切なブランドカラーパレットを選ぶくらい簡単に、あなたのブランドについて考えやすくすることができます。洗練されたルックスは、紫、グレー、白を使って作り出すことができます。それに加え、通常クラシックでエリートに見えるセリフ体を使ったブランドタイポグラフィを選ぶことができます。

あなたとチームメンバー全員が、5つの主なブランド特性を挙げられますか?

無知な分野でキャンペーンを作るのは難しいです。チームとあなたが、消費者にもたらす必要があるサービスについて把握していることを確実にしなければなりません。ビジネスのどのような段階であれ、ブランド特性を頭に入れる必要があります。これは、あなたの決定があなたの表明や立場に反していないことを確実にします。人々はすぐに矛盾に気付くことができます。

ブランドブックをお持ちですか?

これは重要です。なぜなら、ブランドガイドラインはあなたのチェックリストになるから。ここで、全ての特性、スタイル、ミッション、ビジョン、色やロゴなどのブランドアセットを集めます。それから、これらの情報を常に使用します。ブランドガイドラインは、いくつかの目的を果たします。その1つは、ブランディングにおいて一貫性を維持すること。次に、あなたの立場とブランドを使用してコミュニケーションを取る方法を社会に発信します。

Gingersauceは、プロフェッショナルなブランドブックを作成する重要性に気付いています。そのため、ブランドガイドラインを作成するためのプラットフォームを構築することを決意しました。このプラットフォームでは、あなたの全アセットを一箇所に収集し、ドキュメント作成に費やす時間を節約するためにスマートな自動化を提供します。最終的には、プロフェッショナルで業界スタンダードのPDFファイルが手に入ります。ブランドブックを必要としているのであれば、 Gingersauceで作成してみてください。きっと気に入ってもらえるはずです。

ブランドの使用時に消費者はどのような関連性に気付くべきですか?

最後になりましたが、大事なポイント。顧客にブランドに対して持ってもらいたい関連性を定義することで、目標達成するための戦略を思い付くことができます。

例えば、ブランドが情報通だと思われれば、消費者を教育するブログを設立することを決意するかもしれませんね。

ブランドアイデンティティを作っていますか?Gingersauceを使って、ブランドアイデンティティを素敵なブランドブックに変換しましょう!

Gingersauceは、自動化と創造性を組み合わせたプロフェッショナルなブランドブックメーカーです。つまり、中途半端な仕事はせず、あなたに確実な結果をお渡しします。

作業中に全てのブランドアイデンティティ要素を追加して、結果として素晴らしいプロフェッショナルなブランドブックを受け取りましょう。時間を節約でき、顧客の期待を上回ることができます。

ブランドブックを作成

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on email

コミュニティリソース

ブランディングについて学び、ニュースを最初に受け取る

ニュースレターでは、プロジェクトのアップデート、ブランディングニュース、ヒントなど(割引情報あり🤫)を送信します!

プロフェッショナルブランドブックを作成する

プロフェッショナルブランドブックを自動作成するのに必要なものは、ロゴだけ。あとは、ウィザードにお任せください!

ページを離れる前に、ビジネスをブランドに変換しませんか?

ブランドアイデンティティ作成+知識を深めるビジュアル案の全プロセスに関する詳しいステップ・バイ・ステップガイド付きブランディングワークブックを取得しよう。