misconceptions about graphic design

グラフィックデザインの6つの誤解:グラフィックデザイン神話を消し去る

今日、製品の成功がグラフィックデザインに大きくかかっていることは秘密ではありません。しかし今も尚、グラフィックデザインの大切さに気付かず、損害を与えるグラフィックデザインの誤解を支持し続ける人々が存在します。今回、このような理由から、私たちはグラフィックデザイン神話を消し去りたいと思います。

グラフィックデザインの誤解 #1: グラフィックデザインは簡単。

「ただ言われた通りのものを座って描くだけ。難しいはずがない。」

最も痛手を受けるグラフィックデザインの誤解の1つが、デザインは難しくない仕事だという考えです。デザイナーとして、私たちは仕事の裏側がどれほど大変で、特定のビジュアルをデザインするのがどれほどの大仕事になるかを知っています。

デザイナーになることは、常に成長すること、そして新しいことを学ぶことを意味します。今日の目まぐるしい発展を遂げる世界のあらゆる分野と同様に、デザイン界にも常に知らなければならない新しいテクノロジー、テクニック、トレンドがあり、それらを駆使する必要があります。

決して終わりのない学習以外では、デザインの作業に取り掛かる前にしなければならないリサーチと発達させる必要がある創造力があります。はい、もちろんグラフィックデザインは世界で最も難しい仕事ではありません。しかし間違いなく、一部の人たちが考えているほど簡単な仕事ではないのです。

☝🏻 ヒント: 顧客と働くときに、顧客に全てのステップを見せるようにしましょう。顧客があなたの仕事を簡単だと思う理由の一部として、あなたの仕事を正確に理解していないことが挙げられます。実際、このヒントは、行き過ぎた顧客からの細かい管理を減らすのにも効果的です。

このグラフィックデザイン神話が損害を与える理由とは?

一部の人々はまだデザインを真面目で努力を要する仕事だと捉えていません。これはデザイナーの仕事に対する報酬にも関係する場合があります。

グラフィックデザインの誤解 #2: グラフィックデザインは創造性だけの問題。

「ロゴが必要ですが、あなたに教える情報はありません。ただクリエイティブになってロゴを作ってください。」

創造的な考えは大事ですが、デザイン過程においてはそれ以上のものがあります。顧客とのブリーフィングセッションを行い、受け取ったデータを組み込む効果的なソリューションを見つけるために、市場と競合他社のリサーチから始まります。

グラフィックデザインの誤解とは

このグラフィックデザイン神話が損害を与える理由とは?

実はこれはデザイナーよりも顧客に損害を与えます。全ての必要な情報がなく、「クリエイティブになる」だけの指示がある場合、ビジュアルの背後にはブランドの意味が含まれません。ストーリーのない空のデザインは、ビジネスにとって何の役にも立たないでしょう。

グラフィックデザインの誤解 #3: Photoshopを知っていればデザイナー。

「えっと、これをJohnに渡そう。彼はPhotoshopの使い方を知っているよね?じゃあ、ロゴをデザインできるだろう。」

Photoshopの使い方を知っていればデザイナーになれるのであれば、文字の書き方を知っていれば詩人になれると言うようなものです。

この誤解は、人々がデザインを専門職だと見なさない事実から生まれています。はい、今日デザインを勉強するために大学に行く必要はありません – 大学に行きたくないのであれば。しかし、クラスやトレーニングを通して、デザインを学び、スキルを向上させる必要があります。そして時代と共に新しいことを学ばなければなりません。

美は主観的ではありません。これは、Gingersauceのホットな話題です。自然界には、私たちが美しいと見なす法則があります。デザインはこれらの法則を勉強し、キャンバスにこれらの法則を散りばめる方法を学ぶことであり、さらには人々のビジュアルの見方を操ることであります。

良いデザイナーは、ただ綺麗な絵を作るだけではありません。良いデザイナーは、Photoshopを少しかじった程度の平均的な人物ではないのです。

このグラフィックデザイン神話が損害を与える理由とは?

このような心構えを持ったブランドは、プロのデザイナーを相手にせず、彼らの車庫でロゴを作るため、一貫性のあるブランドアイデンティティを構築するチャンスを逃します。

グラフィックデザインの誤解 #4: 良いデザインは常に目を引く。

「これはちょっとシンプルすぎるな。君のことプロだと思ったんだけど。君のデザインに全然驚かされなかったよ。」

実は、良いデザインとは常に大胆なものではありません。大抵の場合は、大胆なデザインではないのです。デザイナーの仕事はメッセージを伝え、消費者に次のアクションを促すことです。ウェブサイト上にあるボタンのように、常に戦略的に配置されています。通常、デザインは効果を発揮するために目立つことはありません。

このグラフィックデザイン神話が損害を与える理由とは?

販売およびマーケティングツールとしてのデザインの有効性は、より複雑でありながら意味のないオプションを優先して捨てることができます。

グラフィックデザインの誤解 #5: デザイナーは単なる実行者。

「何で指示通りに実行できないんですか?」

ここでは、どちらかと言うとブランディングデザイナーについて話していますが、この分野に関わる誰もに該当するでしょう。ブランディングにおいて、デザイナーはアドバイザーにならなければなりません。今日、人々はブランディングとデザイナーの役割について深く理解していません。そこで一歩前に出て、ロゴだけではビジネスをブランドに変えるのに十分ではない理由を説明する必要があります – つまり、ブランドアイデンティティが必要となる理由を説明しなければなりません。顧客にさらなる価値を提供しましょう。ただ言われた通りに動くだけではいけません。

このグラフィックデザイン神話が損害を与える理由とは?

顧客はデザイナーの専門性を過小評価し、過剰に干渉し始めます。

グラフィックデザインの誤解 #6: デザインされたビジュアルのみが重要。

この神話は顧客側よりもデザイナーのコミュニティ内で広まっています。これまで紹介してきたグラフィックデザインの誤解の中でも、Gingersauceで最も嫌っている神話です。

プレゼンテーションは、あなたのビジョンと同じくらい重要です。作品の提示方法が顧客への印象を決めます – プレゼンテーション次第で、プロフェッショナルに見えることもあれば、アマチュアのように見えることもあります。

Eメールにファイル添付して、作品を送信しないことを指しています。これではあなたの専門的な技術を見せつけることができないでしょう。

例えば、各ロゴのサンプルでブランドブックを作成してみてください。自動ブランドブックメーカーのGingersauceを使えば、そこまで長い時間はかかりません。安心してください。必要なのは、ロゴのアップロードだけ。あとは、システムが自動的にロゴバリエーションを提供します。フォントや実際のモックアップなど、必要な全ての情報を追加することができます。これで、あなたの顧客は1つのロゴサンプルではなく、ブランドのビジョンを手に入れることができます。

オンラインでブランドブック作成

あなたはプロフェッショナルに見えるようになります。また、顧客にとってオプションの選択が簡単になります。

まとめ

デザインは、ビジュアルを通して、メッセージを広めるためのツールを提供する専門職です。まだまだグラフィックデザインに関する多くの誤解が存在しますが、今回いくつかの誤解を解くことができれば幸いです。このような典型的な誤解をしている人と出会った場合は、是非この記事を共有してください!

Gingersauceでプレゼンテーション

Gingersauce は、自動化と創造性を組み合わせたブランドブックを作成するプロフェッショナルなツールです。つまり、中途半端な仕事はせず、あなたに確実な結果をお渡しします。

Gingersauceは全てのビジュアルを集め、あなたの顧客を感動させるプロフェッショナルなプレゼンテーションを作成します。すぐに作成されたブランドブックをダウンロードすることが可能です – カスタマイズしなくても美しい仕上がりになっています。または、追加のカスタマイズを行い、さらに上出来なガイドラインを手に入れましょう!

Gingersauceでプレゼンテーションをレベルアップ

Share on facebook
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on reddit
Share on twitter
Share on email

コミュニティリソース

ブランディングについて学び、ニュースを最初に受け取る

ニュースレターでは、プロジェクトのアップデート、ブランディングニュース、ヒントなど(割引情報あり🤫)を送信します!

プロフェッショナルブランドブックを作成する

プロフェッショナルブランドブックを自動作成するのに必要なものは、ロゴだけ。あとは、ウィザードにお任せください!

ページを離れる前に、ビジネスをブランドに変換しませんか?

ブランドアイデンティティ作成+知識を深めるビジュアル案の全プロセスに関する詳しいステップ・バイ・ステップガイド付きブランディングワークブックを取得しよう。